名園/浜離宮恩賜 公園 top

撮影年月日
 平成25年3月4日
天気; はれ
カメラ
 Canon デジカメ
 Power Shot 550
浜 離宮恩賜公園(はまりきゅうおんしこうえん)
 この地はもと将軍家鷹狩の場所であったが承応年間  松平綱重の別邸となり、甲府浜屋敷または海手屋敷といわれた。ついで六代将軍  徳川家宣これを改めて浜御殿と改称し大いに改修を行い景観を整えた園内には、茶園、火薬所、織殿等が営まれ幕末には、石造洋館、延遼館の建設をみた。維新 後、宮内省所管となり、園地を復旧し、皇室宴遊の地にあてられ、名も浜離宮と改められた。諸外国貴賓来訪の際には、延遼館はその迎賓館にあてられ明治天皇 も賜宴のためしばしば本園に行幸せられ、特に明治十二年、米国前大統領グラント将軍が、わが国を訪問せられた際には親しく本園中の島茶屋において引見せら れた。園は江戸時代に発達した大名庭園の代表的なものであって現存する汐入の庭の典型的なものとして貴重な文化財である。
全部を見る場合は こちら から